物流のため運送会社を利用する場合の見積もり依頼について

運送業界も競争の時代なので、物流のために運送会社を利用している方々は、各社のサービス内容を比較している傾向が見られます。そもそも各輸送会社はサービス内容が違います。一度に運搬できる量は異なりますし、荷物の取り扱い手段なども運送会社によって違います。またそれを搬送するための道具なども、それぞれ会社独自のものがあるのです。

そして料金設定なども、運送会社によってそれぞれ異なります。A社の場合は運搬料金が4万円前後で、B社の料金は5万円前後といった具合です。
そして運送業者を使おうと思っている方々は、なるべく良い業者にお願いしたいと考えているようです。なので、自身にとって最適な運送会社を選ぶ事になるのですが、その時に見積りが活用される事が多いです。見積りとは、運送会社による料金試算やサービス概要の説明です。

その前に物流で運送会社に依頼をするまでの流れなのですが、まずはその会社に対して連絡しましょう。インターネットや電話などを用いて運送会社に連絡をしますが、それに際して会社からサービス内容の説明が実施されます。
前述の運搬する量や物資の取り扱い方などを電話で説明される場合もあれば、企業により文書としてメールなどを利用するケースもあります。また会社によっては、実際に訪問に来る事もあるのです。つまり発注した側のその時の状態を知るためで、現場などを見る必要があるからです。そして状況を見た運送会社は、運搬料金などを含めてサービス内容を説明します。その説明の部分までが、いわゆる見積りです。

ちなみに見積りを提示の段階では、費用はかかりません。無料で説明をしてもらう事ができます。従いまして自社にとって一番条件にあう物流会社にしたい人は、複数社の業者に概算となる見積りをお願いする訳です。それで費用対効果が最も良いと思われる所に、配送依頼をするのが最も多いケースです。ちなみに現在では、複数の会社に対して見積りを依頼できるようなシステムなどもあります。