夢の別荘を不動産屋で探すということ

最近アベノミクスのおかげで景気も上向いてきましたので、不動産の値段も上昇してきています。特に都心部においてこうした流れが加速していて、すでにバブルの状態にあるという不動産の専門家もいるほどです。

そんな不動産ですが、別荘も近頃人気が出てきました。別荘はバブルの時代に人気が出て軽井沢や箱根、伊豆なんかが人気でしたがこうした別荘地の取引は再び盛んになってきました。別荘を購入するのはアベノミクスの恩恵を受けている富裕層が主で、中古物件を購入したり、土地の購入後、自分の気に入った建物を建てたりという人がたくさんいます。
また近頃注目なのはバブル期に建設されたリゾートマンションなどです。バブル期にはリゾートマンションが数多く建てられましたが、こうした物件の価格が下がり100万円以下で購入できる物件はたくさんあります。こうした物件を購入する人が最近急増しています。100万円くらいなら富裕層じゃなくても購入できますし、休日に気軽に遊びへ行けますので思い切って購入しようと思う人がとてもたくさんいるのです。別荘と聞くととてもセレブなイメージですが、実はそうでもありません。
売買物件をお求めの方は足立区の不動産までご相談ください!

まず別荘は買ってすぐの時期は頻繁に遊びに行きますけど、だんだん足が遠のくといわれています。それから3年がたつとほとんどの人が購入した時に比べると二分の一以下になるといわれているのです。こんなにも訪問機会が減るととてももったいないので、買う時には熟考することが大事です。また維持費もバカになりません。
主な場合管理人に管理費を支払いますのでこの費用も無視できませんし、定期的なメンテナンスも必要となってきます。

ですので今言われているのは不動産が資産でなしに負債になるということです。買い手が見つからない場合管理費などは払い続ける必要がありますので、これが負債になるということです。これが別荘の現実であるということを忘れてはいけないと思います。

 

不動産は今が買い時という時代です。みなさんは不動産投資について考えたことはありますか?今の時代はそんな動きに合わせて、テレビでも不動産特集が多く放送されていますから、必ず馴染みはあることでしょう。そんななかで不動産投資とは一体どのようなものなのか。儲かるのかと考えるかもしれません。不動産投資は他の投資に比べると安定しているものといえることでしょう。